30/09/2016

Lenox, MA

P9269501
典型的なNew Englandの町なんだけどタングルウッド音楽祭の拠点として,夏場は大いに賑わう。
当然音楽祭はもう終わっているが,懐かしさもあって20年ぶりにShedに行ってきた。
ここは開放型のホールで家族連れは芝生の上でピクニックをしながら音楽を鑑賞する。
紅葉にはちょっと早い。

P9269511


29/09/2016

Opening Night Gala@NY, NY

P9289540
NYCについたのは26日。今回は2泊だけなのであまり予定を入れるつもりはなかったのだけれどMETのOpening Galaが取れたので,久々のオペラ鑑賞となった。
ところでこのOpening Gala,席の70%ほど(当然前方の良席)は寄付込みで$1,500!
あと$500だすとコンサート後のアーティストとのGala Dinner(Black tie)にも参加できるという如何にも札束で頬を引っ叩くNYC的なやり方。
ボクは当然そんな席は買えないけど$185でGrand Tierの後方,それほど悪い席ではなかった。
(ちなみにコンサート,特にオペラは少し高いレベルから見下ろすのが好き)


演目はトリスタンとイゾルデ。延々と5時間の大作(ワーグナーとしては標準的?)
時差ぼけも残っていてさすがに途中の二幕で少し寝てしまった。
↓はGalaに集まった多種多様な人々

Img_1087
ボクも今年CdGで買ったなんちゃって燕尾服を着込んでの参加となった。


23/09/2016

Official 1st day of Autumn@Sturbridge, MA

台風が来る前に成田を出発できるかなと思ったのだが,そうもいかずATCのためドアクローズからブロックアウトまで約30分,離陸の順番待ちで更に20分,いざtake offかと思ったら今度は横風制限超過のため,更に20分近くホールドされる。(成田は羽田に比べ横風に強いはずなんだが・・・トホホ)
夏ダイヤも終わりに近いのでブロックタイムよりも実フライトタイムが短く,20分遅れくらいでBOS上空に達するが,こんどは超大型客船が着陸パスの下に入るとかでまたホールディング,結局45分遅れでブロックイン。幸いCIQは記録的な短時間(15分!!)で通過できた。
その夜はBOS近郊の家人の従姉宅で一宿一飯の恩に預かり,秋分の日の昨日,Sturbridgeという小さな町にに到着した。
P9239491
この町には,19世紀の町並みや庶民の暮らしを動態保存した一種のテーマパークがあって,昨日は1日そこで過ごした。
↑は,Saw mill。NYC近郊にSaw mill Parkwayというのがあるので,名前は知っていたが,生まれて初めて実物を見た。水力17馬力ということだが,結構優れもので,約15分で一枚製材できるとのこと。
他にも↓鍛冶屋(英語ではBracksmith)の実演なんかもあって,楽しく過ごすことができた。

P9239482
今日はLenoxに移動,その後Hartford→NYC→BOSとNew Englandを移動する。(ちなみにNY州はNew Englandには含まれない。)
最後のBOSでは,少し紅葉が始まっているかな???


17/09/2016

トーハク

Fullsizerender_2
ここ1週間は,仕事の締め切りに追われ,一日中PCに向かいっぱなしだったのだが,一山越えたので,上野で始まったばかりの↑の展覧会に行った。
ミュージアムパス(学割2.5K)の期限切れが迫っていたこともある。(6回全部使い切った。)
国内の主だった十一面観音さんは,ほぼお参りし尽くしたのだが,最大という↑は秘仏ということもあって,当然お初にお目にかかりました。
普段は,厨子に入っておられるとのことで,確かに身近に360度方向からお参りできるのは貴重。
ただ,通常料金1,000円はちょっと高いかな。


トーハクも確かにInboundが増えた。


その後は↓で情報交換かつ交歓(変な意味でなく・・・)

14358689_10205408539171384_49220732


05/09/2016

藤井毛織@ヤフオク

タスマニア産の最高級原毛の買い付けや,最高級カシミアで有名な藤井毛織という会社があって,バブルの後,倒産したなどという知識は99%の人間は聞いたこともないだろうし,生きていく上で有害でこそあれ,何の役にも立たない。
で,ボクは残りの1%なのだが,ヤフオクで偶然に見つけたのが↓
Fullsizerender
生地の組成は記されていないのだが,耳にはCashmereと書かれているし,藤井毛織のタグもきちんと付いている。
目付けは450gmくらいなのだが,空気を多く含んでいて,それほど重さを感じさせない。
長さは2m強でスポーツコート(いわゆるジャケット)を作るのには十分だ。


ところが出品者は,これを「毛布」用の端切れとして1500円の開始価格を付けていた。
カテゴリーも端切れなのでオークション終了の前日になっても入札者ゼロ。
価値に気がつく御仁が出てこないかヒヤヒヤしたのだが,結局ボク以外の入札者はなく,1500円で落札。
送料は600円で締めて2100円。


極めてどうでも良い話ではあるが,これをどうしてやろうか,現在思案中。

24/08/2016

Obituary: Brutus IV dies at 16 on August 22, 2016

P1026523
子供の頃,隣のスピッツに追いかけられて犬が怖かったボクに優しくしてくれた。
ビーチでは人気者だった。隣人からも観光客からも"How cute!!"と親しまれた。
ところで,obituaryってなんで"dies"と現在形なんだろう?
When I was a kid, I was chased by the Spitzer next door so I was afraid of dogs, but Brutus was kind to me.
He was the most popular guy on the beach. Whether a neighbor or a tourist, everybody would say, "There's Brutus!" or "How cute!"
From MHK: Brutus changed my life in a sense. Walking with Brutus brought me in contact with so many people that I never would have had the chance to talk to otherwise. RIP and hope you're watching sunsets!

どえらけにゃー安っいがや。

テレ朝でJohn Hunter Lobbの女性靴職人を紹介していた。
最高値はいくら位ですかと問われた彼女が取り出したのが,クロコのモンク。
で,値段を聞くと約120万円!
椅子から転げ落ちそうになるほど驚いた。


どえらけにゃー安っいがや!!!(「っ」が正当な名古屋語のキモ)
以前,↓で紹介したけど丸の内のJohn Lobb(Hunterなしのエルメスブランド)だと
http://horatio-hanna.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-b68b.html
パターンメイドのローファーが200万円(+ tax)ですよ。
NRTのラウンジのJohn Lobbの職人さんによれば,事実上ビスポークらしいが,この価格差。
悪名高き革製品の関税はあるけど,それにしても・・・・・・


Cクラスの航空券を含めてもお釣りがくる。
なんとも不可思議???

20/08/2016

Incroyable! 四継

信じられない。うまくいけば銅かなと思っていたが,なんと銀
4x100mリレーの事を陸上関係者は四継と呼ぶ。(ちなみに4x400mはマイルと呼ぶ。)
ボクも高校から大学まで主に一走をしていたから,今日のレースは本当に感慨深い。


以前から思っていたのだが,桐生くんは前に離されないと力が出るタイプですね。
だけど10秒を切るのはケンブリッジくんでしょ。(サニブラウンくんかもしれない。)


「銀」だけど今回一番価値のあるメダルじゃないかなぁ。(もしくはKing of Swimmer 400m個人メドレーの萩野くん?)
久々に感動した。

14/08/2016

山の日 そして御山の日

初めての「山の日」が過ぎお盆の季節も間もなく終わり。
「山の日」推進議連はお盆のピークにくっつけて12日に設定するつもりだったらしいのだが,「御山の日」の遺族連絡会から「反対?」があって11日になったと言う経緯がある。
当時は議連の配慮の無さに「お前ら頭は帽子を被るためにだけあるんじゃねぇよ」と思ったものだが,結論から言うとこれは結果オーライだったのかも知れない。
11日に帰省のピークが前倒しになって恐らくお盆休みを長期化する効果があった模様。
日本人の平均年間労働時間を11日の分+α減殺する効果があったと思われる。


一方,ちょっと気になったのが「御山の日」の方。オリンピックのせいもあるのだが露出が極めて小さい。
去年が30回忌ということでそろそろ「お弔い上げ」が近づいてきたということか?
それでは困るんだけど・・・


いっそのこと13日を「お盆」として,15日の敗戦記念日を「自由と平和の日」かなんかとして国民の祝日にしたらどうだろう。
そうすると12日と14日は自動的に「国民の祝日」になって恒久的な5連休が生まれる。
製造業(特に重厚長大)はそもそも1週間(9日間)工場ラインを停止するところが多いから,そのインパクトをサービス業に対する需要刺激効果が上回ってGDPを押し上げる結果となるような気がするんですが,どう思います???


11/08/2016

履き物

P8089468
靴は購わないと宣言してから,靴は購入していないのだが,ちょっと困った状況に陥った。
一生に一回位,和装をしても良いかなと思っている。
きっかけは曾祖父から父親までの着物を見たこと。
それ程良い物はないようだが,シーズン毎に一揃えくらいはある。
で,履き物を何にするか。
子供の頃,稚児行列に出るのに履き物がなくて革靴を履いていったら,伯母に笑われた。
着物にGCという訳にも行かないので,手頃な下駄を(別腹という事で)購入した。


和装の履き物と言えば雪駄(草履)か下駄。
原則として雪駄(特に畳表:畳と言ってもい草ではなく竹の皮)がよりformalなのだが,雨の日には下駄を用いる。特に畳表の雪駄を履いた日に雨にあうと高価な雪駄が一発で駄目になるらしい。


ということで旧東海道品川宿(はぐれ雲の世界)の下駄屋で購入したのが↑。
会津桐の下駄の上に南部畳表を貼ったもの。下駄屋の店主曰く,雨の日にもformalな場でもOKなversatileな履き物。
鼻緒を選び(お薦めに従って地味めな縞柄)すげて貰って,少し歩く。(この辺りは靴と同じ)
必要があれば鼻緒を再調整するのだが,この日はその必要なし。歩き方を褒めてもらった。


酷暑の時期が過ぎたら,少しずつ着物で出かけてみよう。

«I want you! 檀蜜の次はロリコンかよ