« Questar | Main | レストラン サカキ(京橋) »

31/03/2010

流石(宝町)

江戸時代、蕎麦屋=飲み屋であった。(蕎麦屋がそうしたものだと言う認識に到ったのはNYC時代、今はなきSOHOの本村庵に通いだした頃からだ。)

おとといは、前の会社の同期と、蕎麦屋で一杯やった。HBSを出ている彼は、同期の中でも真っ先に転職するのではと目されていたが、案外、愛社精神が強く、会社に残ったが、今回ようやっと飛び出す決心をしたようだ。

男二人でそのような話をするのに、蕎麦屋というのはあいふさわしい。「流石」は宝町というか銀座一丁目、昭和通り沿いの地階にある。蕎麦は好きだが、正直言って無茶苦茶拘りがある方でもない。どちらかと言えば更科系でないほうが好き、という程度だが、「流石」はその線に沿っている。女性が店主の蕎麦屋というのも珍しいが、日本酒の品揃えなど秀逸である。(ワインの値付けは、安く無いが、品揃えのセンスは同じく良い。)少々、窮屈なのと銀座なりのお勘定は今一つだが、ここのところ(自宅近辺の一軒を除けば・・・)一番の行きつけと言える蕎麦屋である。restaurantrestaurantbottlebottledollardollar

« Questar | Main | レストラン サカキ(京橋) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/47956203

Listed below are links to weblogs that reference 流石(宝町):

« Questar | Main | レストラン サカキ(京橋) »