« Xenophobia? | Main | Shoe trees »

26/07/2010

ウィンザー洞爺

R0011045
久々に北海道に行って来た。前回北海道に行ったのは、2年前だったと思うが、日帰り出張だったので、観光目的では何年ぶりだろう。それ以前も専ら冬のスキー行だったので、夏の北海道とは本当にご無沙汰だった。
今回は一泊だけ、洞爺湖、その後、家人のちょっとした要のため、札幌に滞在した。洞爺湖は、拓銀崩壊の張本人、最近は洞爺湖サミット会場と毀誉褒貶の激しい「ウィンザー洞爺」に投宿した。洞爺湖到着当日は、生憎雲の中。視界(visibility)は100m程でCAT3でもランディング不能な状況。北海道には梅雨がないというのは定説だが、梅雨の末期に梅雨前線の残骸のようなものが道南辺りまで北上するのだろう。(写真は、翌朝の洞爺湖、何とか雲が晴れて来た。)
ウィンザー洞爺は、ハード・ソフトとも、まあ良く出来ていた。(宿泊料金を考えれば当然の事だが・・・)valet parkingは便利で優れものだが、インターネット接続料金も含めて、あのroom rateにせこく1,000円程度の追加チャージをするのは如何なものかと思う。


R0011022
夕食は、洋食のメインダイニングの"Michel Bras"で摂った。このレストランは過去に3回ほど"Laguiole"(刃物で有名な町。いつかここでwine openerを買うのが夢!)の本店の予約をtryしたのだが、何時も直前にならないとitineraryが詰まらないので、空振りが続いていた。それもあってここでの食事が今回の「ウィンザー洞爺」投宿の最大の目的だった。Taillevent撤退の後、ひらまつ系以外でフランスの3つ星の支店を名乗っているのは、ここと最近再開したPG、と新宿のTroisgros位?(Beigeもそういや、その範疇か。)この3つは何れも倫敦やら紐育やらに支店がある(過去形を含む。)のに対し、Michel Brasは本店以外はここだけというのにも興味があった。(上の写真はamuse gueule 2人前!)
で、結論から言えば、かなり真面目にやっていた。夜は20,000円弱と30,000円弱 x 2 (通常系と野菜主体系)の"menu"を売りたいようで、かなり強気な値付けだと思うが、所在地の妙もあって、商売にはなっているようだ。我々は、基本的に"menu"はtoo muchなので、いつもの通り、アラカルトから頼んだ。(40過ぎて大病をしたこともあって、とても健啖家とは言えないボクは、PGのdegustationに挑戦して家人ともども寝込んで以来、アラカルトが常。それでもdessertまで行き着かないことが多い。)アラカルトの種類は豊富とは言えないが、まあ及第点。品数的にはレセゾン程度、流石に野菜系の前菜は充実している。(下の写真はArtichaut=朝鮮薊の黒トリュフソース)


R0011023
そもそも冬場はクローズするレストランだから、Michel Brasは秋に1回、息子は春秋の2回洞爺を訪れ地の食材を吟味するとのこと。まあ彼らの真面目さの証佐なのか。(DucasはBeige東京も含めてどれくらいの頻度で店を廻っているのだろう。)本店に行ったことはないがsignature dishの再現性はかなり高いと思われる。ワインは高い。(絶対的な価格、M/Uとも。)入念にワインリストを見ないと我が家がaffordできるワインは少ない。(と言っても、飲まない訳にいかないところが困る。)この点は、最近のひらまつ系に長があろう。(下は、Homard。名物のガルグイユの写真を撮り損なったので、似た感じで・・・)宿泊込みで、俵屋よりは安いかなと!「美山荘」は撤退してしまったが、フランスの3つ星aubergeが日本に居ながら体験できるMichel Brasには頑張って欲しい。でも、このユーロ安のご時世、お暇がある方は最低1週間位かけて欧州のauberge巡りをされることをお勧めする。PICとかSt. Bonnet-le-Froid(凄い地名でしょ!)とか、こことか廻ると本当に良い旅行になると思いますよ。
R0011029

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン フレンチ / 豊浦駅

夜総合点★★★★ 4.0


« Xenophobia? | Main | Shoe trees »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

さすがです・・・・

Great post! I want to see a follow up on this topic.. http://loyal-insurance.info

digged google 30 mins, finally i get what i need.Thanks!

Unless the light iss put out the shadows cannot be erased.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/48981161

Listed below are links to weblogs that reference ウィンザー洞爺:

« Xenophobia? | Main | Shoe trees »