« JAL Guide | Main | Berluti 近況! »

26/02/2011

Hotel Lutetia

ホテルに(自腹で)お金を掛けることができる人は、本当にお金持ちなのだと思う。老い先長く無い今、食事や酒にある程度、金をかける気はするし、飛行機や新幹線の中も、できるだけ疲労を残さないようにしたい。但し、ホテルに関して言えば、静かにゆっくり休めて、安全であれば、後はスーツケースが邪魔にならぬ程度の部屋であれば良い。

R0010235
パリでは一体どれくらいのホテルに泊まったことだろう。と言っても、上の伝でル・サンクとかプラザアテネには泊まったことがない。我が家の予算は、せいぜい日本円換算で2万円と言ったところだが、最近のユーロ安で、選択肢が広がった。
このところは左岸にあるLutetiaを選択することが多い。Lutetiaはパリの古名らしいが、Hotel Lutetiaは左岸では最も有名なホテルの一つである。上の写真の通り、去年が100周年だったという外観も美しいが、典型的なArt Decoの内装にも趣がある。歴史あるホテルだけあって、ピカソやテグジュペリといった錚々たる名前が逗留者には並ぶ。
向かいのArnysの店員は「老朽化が激しいでしょう?」と言うが、それほどでもない。価格・ロケーション、そして部屋の3点から我が家にはマッチしている。
昨年、ユダヤ資本に買収されたらしい。Art Decoの趣を残しつつ、インフラを全面改修してくれれば嬉しいが、そうなると我が家には手が届かないホテルになってしまうかもしれない。
左岸のホテルで摂る遅めの朝食(€25?)はまさに至福の時である。


« JAL Guide | Main | Berluti 近況! »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ご無沙汰しております(。・w・。 ) ロンドンで一人利用する際のお勧めホテルはどちらでしょうか?ツイッターの方ででもうかがえれば幸いです。では・・・

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/50977065

Listed below are links to weblogs that reference Hotel Lutetia:

« JAL Guide | Main | Berluti 近況! »