« GOP | Main | Mark Hopkins@Nob Hill »

17/08/2011

羽田の国際化?

羽田の国際化で本当に不便になったDestinationの一つが、SFOだ。別に、羽田だろうが成田だろうが構わないが、長大路線(Long haul)が深夜枠に追いやられているのが現状なので、とてつもなく時間が悪い。出発は深夜過ぎ。仕事を終えて晩餐を摂って、軽く一杯やってHNDについても、更に3時間も時間を潰す必要がある。

SFO到着は夕方の17時過ぎで、偏西風の弱いこの時期、おそらく遅延するだろうから、Carmelまでたどり着くのは深夜に近いということになる。(仕事が終わってから出発!というのは低能な観光庁というか国交省の詭弁を引かざるを得ない航空会社の苦悩そのもの!)

帰便は、日本着が23時頃なので、冬場になるとおそらく終電に間に合わない。これを狙ってオークラあたりは23時チェックインの商品を売り出している。

と言うことで、ボクはこのshabbyでshoddyなターミナルにいる。人気(ひとけ)の少ない安普請な出発エリアは、旅客にとっては快適かも知れぬが、全く場当たり的な国交省(旧運輸省)の航空・空港行政(仮にそう呼べるものがあるとして・・・)の体たらくぶりを体現していると思う。 まあ、田舎のJリーグを潰した不細工な禿げたおっさんに観光行政をやらせた、裁判官と書記官の区別もつかない(自分の父親の話)前原の時代の名残なのだろう。何十年かやってきて相変わらず駄目駄目なこの状態に、心有る業界人の方々のことを思うと気の毒でならない。

一つの象徴が、9.11の伏線となったANAのハイジャック(機長が刺殺されるという航空史上でも稀な大事件)を経験した今でも、漫然と出発到着客が渾然一体となっている、あの国内線ターミナルだ。ボクは極力HND発の国内線に乗りたく無い。(LHRの1〜3ターミナルは旧い旧い構造のターミナルでBAAは大変苦労し、旅客は不便を被ったが、出発到着客を分離した。) 更に言うと、このANAの事件も、そして9.11もANA, UA,そして AAの客室乗務員に大きな責がある。

LegacyもLCもこの際、国交省の意向を完全に無視して路便計画を立てるときっと上手く行くと思う。。。。。

« GOP | Main | Mark Hopkins@Nob Hill »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/52497924

Listed below are links to weblogs that reference 羽田の国際化?:

« GOP | Main | Mark Hopkins@Nob Hill »