無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« JL006/01AUG 続報 | Main | Curfew 続々編 »

07/08/2012

首都高 この醜悪なるもの

今日の時事の配信で、国交省が首都高の都心環状線を撤去する検討に入ったとの記事があった。
もちろん土建屋官庁の役人のことだから、全地下化など、土建屋の仕事を造る案との併記ではあろうが、
撤去案はまさに我が意を得たりである。


週に一度は、やむを得ず首都高を利用するが、浜崎橋や箱崎の合流等、設計者の脳みそをほじくり出して見てみたいと思う程、理不尽な設計になっているし、何より醜悪である。(横浜駅前なども酷い!)
1950年代後半に計画・設定されたのだろうが、当時ロンドンにもパリにもニューヨークにも、都心のこのように醜悪な道路は先例が無いのに、何でこんなもの作り上げたのだろう。
余程先見の明が無かったか、自らの天下り先の確保のみに長けていたのか、土建屋官庁の責任たるや、万死に値するものがあると思う。


都市型の高速道路が全く不要とは言わない。
ロンドンのM25やパリのPériphériqueのように、中央環状線と湾岸線の内側を高速道路フリーとするだけで良い。
そうすれば、東京の街は空気は多少なりとも清浄化され、青空が復活する。


あと土建屋官庁とおまわりさんにお願いしたいのは、物流を担う大型車と乗用車の棲み分け。
NYC近郊などで実施されているが、例えば京葉道路や横羽線(これもいずれ撤去だろう。)は大型車禁止としてはどうか。交通事故の減少にも役立つと思う。

ところで白蟻さん達が、土建屋政治家と組んでやろうとしている「国土強靭化」とか言う計画、
本当に日本を軍艦島のようにしたいのか、これも頭かち割って脳味噌を見てみたくなる話ではある。

« JL006/01AUG 続報 | Main | Curfew 続々編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

おことばですが提督、、、その首都高がないソラリスを私は想像できません、その一点のみで首都高の存在意義はあるのです!(なんちゃって、、、)

今、男子マラソンを見ています。
倫敦で言えば、首都高はHammaresmith - Edgeware Road - Tower Bridge - 後は左岸を繋ぐような
イメージでしょうか。
でもそんな阿呆な計画、日本の役人以外、絶対に気がつかんでしょうな。。。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/55370708

Listed below are links to weblogs that reference 首都高 この醜悪なるもの:

« JL006/01AUG 続報 | Main | Curfew 続々編 »