無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« NH(alias ANA)の恥ずかしい話 | Main | Sex (less) and the City Tour 随行記-2 »

17/11/2012

Sex (less) and the City Tour 随行記

家人は、1年に1回この時期に妹やその友人(全員、妙齢の女性)とNYCで集うことになっているのだが、運良くマイレージチケットが取れたこともあり、今年はボクも同行した。


NYCは、永く勤めた会社の最後の年に、ちょっとしたプロジェクトがあって1年に6回ほど出張のため往復したのだが、今回はそれ以来4年振り。当時の出張の目的地は、NY., NY. ではなく、Jamaica, NY. (=JFK)だったので、久々にマンハッタンで過ごす週末となる。
投宿先は、48th and Lex.のThe Barclay、今はIntercontinental系となっているが、コネチカットの田舎に育った家人の家族が、娘達の誕生祝い等のためにNYCを訪れた際の定宿だったらしく、彼女達姉妹にとっては想い出の宿だ。
ボクも、この界隈はNYC勤務時代、徒歩通勤していたエリアで馴染みがある。


ところでボクがNYCを引き払ってから15年になるが、NYCは東京と較べると驚くほど変わっていない。
Duane Reade(NYCの薬局チェーン)のロゴが変わっていたり、行きつけだったBilly'sというNYC最古のFamily ownレストランも無くなってしまったりしている(Sutton Placeにあって老人の客が多く、養老院の食堂のようだとZagatは表現していた、)が、やはりランチで良く利用したLa Bonne Soupe(55th Between 5th and 6th)を昨日訪ねてみたら、相変わらずの盛況だった。
↓は、Lex.から見たChryslerビル。ボクの住んでいたアパートの窓からも、この写真の反対側が見えた。


Pb172242
今日は、グッゲンハイムでPicasso Black and Whiteという展覧会を観てきた。さすがのグッゲンハイムだけあって大作・最高傑作揃いで多いに見所があった。
Tokenが消えて、MetrocardになったのもNYCの変化のひとつ。それでもICカードに較べるとレトロな感じがして面白い。

Pb172243


« NH(alias ANA)の恥ずかしい話 | Main | Sex (less) and the City Tour 随行記-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/56129172

Listed below are links to weblogs that reference Sex (less) and the City Tour 随行記:

« NH(alias ANA)の恥ずかしい話 | Main | Sex (less) and the City Tour 随行記-2 »