« Aujourd’hui, K est morte | Main | フレンチ@日比谷 »

29/07/2013

「200m、18秒台がゴール」

ウサイン・ボルトのコメント@読売。
それにしても十三流紙らしく日本語がいかにも拙い。
陸上短距離界は、パウエルやゲイのドーピング疑惑で喧しいが、ボルトの掲題のコメントは
彼自身が自らの使命をわきまえていることを表していて頼もしい限り。
従前から言っているが、ボルトは200mの選手、そしてカールルイスは走り幅跳びの選手だった。
200mの19秒台は、100mの9秒台とは比べ物にならない記録であって、若し18秒台が出れば神の領域に近づく。(100m9.4秒台よりも価値があると思う。)
ちなみに、カールルイスは走り幅跳びに専念していれば、これも神の領域の9mを跳べたと思う。
ボク=大昔の短距離走者の思いとしては、ボルトに200m18秒台、そしてその後幅跳びの9mを期待したい。

« Aujourd’hui, K est morte | Main | フレンチ@日比谷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Hi there! Someone in my Myspace group shared this site with us so I came to check it out. I'm definitely loving the information. I'm bookmarking and will be tweeting this to my followers! Exceptional blog and fantastic design and style.

What's up Dear, are you really visiting this web page regularly, if so then you will absolutely obtain pleasant know-how.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/57890382

Listed below are links to weblogs that reference 「200m、18秒台がゴール」:

« Aujourd’hui, K est morte | Main | フレンチ@日比谷 »