« 平田牧場 極@"Kitte" | Main | さんま 三態 »

31/08/2013

CA 続編-2

全日空(NH, fka. Nippon Helicopter)が、客室乗務員の採用を、これまでの「契約社員制(いわゆるアルバイト・スチュワーデス)」を廃し正社員採用に切り換えると発表した。
ここで当時のインサイダーとして、「契約社員制」についての備忘録を纏めておきたい。


同制度導入前夜の日本航空は、第一次湾岸戦争以降、収益の悪化に歯止めがかからず、コスト削減が生き残りのための喫緊の課題であった。そして多くの日本企業でそうであったように人件費がまずその槍玉にあがった。(手が付け易いから)


特に、客室乗務員の給与は(今回のNHに関する記事にも出てくるのだが)平均700万円強と、世界の航空会社の中でも突出していた。(当時の為替レートから$10万空中飯盛女と揶揄する記事が、NYTかWSJだかに載ったことを記憶しておられる御仁もいらっしゃるかと。。。)


当時の日本の航空会社の客室乗務員の世界は、高学歴かつ,それなりの社会的バックグラウンドと容姿の女性をJL, NH2社で,それぞれ1万人近く抱えるという、世界でも稀な集団であり、ボクは人口動態の壮大な実験の場と認識していた。


ところで、当時、客室乗務員の人事を担当する組織にとっての最大の課題は、必ずしも人件費水準そのものではなかった。(いざとなれば、JALや米系のLegacy Carrierが採ったように労務倒産すれば、人件費水準は圧縮出来た訳ですから)
彼らにとってより管理可能制の低い、いわば頭痛の種は、客室乗務員の高齢化にあった。
ボクが、最初の会社に入った頃、社内報に毎年度末、各職種(地上職・運転手職・CA職)毎の平均年齢が公表されていたのだが、CA職だけ、毎年,平均年齢が1歳以上上昇するのが不思議だった。


本稿 to be continued....

« 平田牧場 極@"Kitte" | Main | さんま 三態 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/58053847

Listed below are links to weblogs that reference CA 続編-2:

« 平田牧場 極@"Kitte" | Main | さんま 三態 »