« 冬の京都 | Main | Bon Pinard »

08/01/2014

田母神某

徳州会スキャンダルから逃げるのに必死な、弟の七光りの惚けおっさんが、今度は目くらましに
掲題の、自衛隊員の「恥」の不細工なおっさんを都知事選に推すらしい。
ボクにとっては喜ばしきニュース。


喰いっぱぐれて兵隊さんになった不細工なおっさんも、「惚け」おっさんが推せば、低能都民を中心に多少也とも集票(死票)できるだろう。
つまり、今、保守サイドから名前があがっている舛添の票を少しは喰ってくれるのではなかろうか,ということ。それでも宇都宮じゃ勝てないだろうな。
それにしても、片山さつきと舛添の極悪面相の「めをと」が、どんな(夜の)夫婦生活を送っていたのか極めて興味深いなぁ。

そんなことはどうでも良いが、首都の顔はきちんとして欲しいという思いはある。 ボクは幸い都民ではないのだが、良識ある都民の皆さん、この際、日本の政治が脳死状態から復活したことを外にアピールしませんか。

かつての道知事選の「勝手連」ではないけど、本当に知事になって欲しい人を担いでは如何? 宇都宮では、所詮宇都宮 Who?だろうなぁ。 だったらMs. Y.S.(元日活女優)とか、どうでしょう。 東京湾の対岸で、十三流大根役者が知事をやっているのだから、この女優でも十分任が務まると思うが如何? 片や、明治学院中退、かつ剣道段位詐称、片や、早稲田(二部だけど)卒。 少なくとも、掲題の元兵隊さんより数億倍良い思うのだが??????

« 冬の京都 | Main | Bon Pinard »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/58903531

Listed below are links to weblogs that reference 田母神某:

« 冬の京都 | Main | Bon Pinard »