無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 勧進 | Main | 星のや or 界 XX »

11/05/2014

ワタミ & Mme. Yellen

FRB議長のYellenが,オバマ政権が唱導する最低賃金の引き上げ($7⇒$10)について,雇用を縮小させる可能性があるとして懸念を表明した。
労働経済学の半ば常識として,最低賃金の導入や引き上げには雇用を減らす効果がある。Yellenは著名な経済学者(亭主は「レモン」で有名なノーベル賞経済学者のアカロフだし・・・)なので,そんなことは百も承知といったところだろう。
またFRBは物価と雇用の番人だから,この懸念も当然のこと。(ECBや日銀と比較しても雇用の番人としての性格が強い。)
アメリカでは,小売業の経営者を中心に,最低賃金が$10になったら人員削減をせざるを得ないというコメントも聞かれるようだ。


ただ,最低賃金の引き上げがすべて雇用の減少に繋がる訳でもない。前にも書いたが,イギリスではブレア政権下,National Minimum Wage(NMW)を導入し,1999年から2012年の間に,£3.60から£6.19に引き上げられた。為替レートにもよるが,£6.19は1000円,$10と同水準と言えよう。
イギリスでも,NMWの導入・引き上げに当って,Tory(保守党)は「英国経済にとって自殺行為」と非難したが,結果として,この間,英国経済は蘇った。
David Cameron自身,下の言葉のように,NMW政策が成功したことを認めている。
“I think the minimum wage has been a success, yes. It turned out much better than many people expected, including the CBI.”(CBIは英国版経団連?)


イギリスにおいて,最低賃金の引き上げが,何故雇用の縮小をもたらさなかったのかについては労働経済の分野でも幾つかの見解があるが,有力な説の一つが,NMW導入以前の最低賃金水準の労働市場が,買い手独占(Monopsony)によって,本来の需給均衡賃金よりも低い水準で決定されていたとする論説である。(詳細は,省くが賃金が均衡賃金以下に設定されている場合,ある水準まで最低賃金の引き上げは通説とは逆に雇用を拡大させる。)


ところで2014年3月期決算でワタミが上場以来初の赤字決算となったことが話題になっている。この決算を受けて,ワタミの株価は先週暴落した。
一方で,昨日の朝刊は,ワタミのこの4月の新入社員が計画値の半分に止まったことを報じた。
ワタミの赤字決算の最大の要因は,店舗閉鎖(60店舗!)による特損なのだが,アルバイト店員が確保できないことが,店舗閉鎖の一因だという。
また最近ワタミは,アルバイト社員の地域限定正社員化を発表したが,これは上の見方を裏付けるものである。
他の外食産業も,最早,最低賃金ではアルバイトが集まらないと頭を抱えているようだ。


で,何が言いたいかというと,デフレ下の日本は,NMW導入以前のイギリスに近い状態にあったのではないか,すなわち雇用者側の買い手独占により,最低賃金レベルの賃金水準が本来の需給均衡賃金を下回っていたのではないか,ということだ。
それが,アベノミクス以降,最低賃金レベルの上の水準最低賃金レベルでの労働力の供給量が減少し(より高給の仕事にシフトした),上の外食産業の苦境をもたらした,ということだろう。


今春の多くの(大)企業におけるベア復活は,官製春闘と揶揄されたが,今こそ,最低賃金の思い切った引き上げに着手してはどうか。ブレア政権のNMW同様の景気拡大効果をもたらす可能性大と思うのだが・・・・・
Now is the time to raise the minimum wage to JPY1,000....と言ったところか?

« 勧進 | Main | 星のや or 界 XX »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/59611107

Listed below are links to weblogs that reference ワタミ & Mme. Yellen:

« 勧進 | Main | 星のや or 界 XX »