無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« NOTAM | Main | 8,900円 »

22/07/2014

Saga

言うまでもなく,"Saga"は北欧の叙事詩だが,今日は佐賀空港の話。


佐賀空港は,雨後の筍の如く作られた地方空港の中でも,最後発組。
九州の他の空港が,それなりの存在価値を見せているのに対し(KKJは???),開港以来,RWYにぺんぺん草の状態が続いている。
JALも開港当初は定期便を張って,佐賀もんを空港所長に据えたのだが,あっという間に撤退した。
今,空港のWeb siteを見ると日ヘリと春秋航空(8月から)が細々とオペレーションしている。
県の補助金持ち出しも相当な額だろう。
とにかく,近隣に福岡・熊本・長崎空港があった訳で,誰が考えても今の状況は予測可能だった筈なのだが,県と国交省の役人が,融けるほどまで鉛筆なめなめしたのが,この結果だ。
神戸や関空二期と併せて大失敗空港三羽烏とでも言おうか。


ところがここ数日,佐賀空港にオスプレイを11機配備するという話がまさに降って湧いた。
現知事は,原発問題で九電のお先棒を担いだような輩だから,この話も了解済みなのだろう。
1日一桁の民間機に対し,11機のオスプレイを配備したら,軍民共用と言うより,軍用機の合間を忘れた頃に民間機が離発着するといった様相となることは明白だ。


秋の沖縄知事選は,辺野古反対派の勝利が予想されている。(反対派が翁長氏で一本化できればの話だが。)
自民党お得意の「金目」で釣るには前回の額(300億)とは一桁違う額が必要となろう。
安倍は,一気にここで普天間を佐賀に持っていこうとしているのではないか。
はし下の,普天間→関空二期受け入れ案と似て,地政学的にはより現実的な案であろう。
万が一,辺野古賛成派が知事選に勝っても,往時の三里塚闘争のようなFiascoと化すのは必定であろうし,そうなれば一体全体,いつ普天間が移設できるのか,誰にも予想できない状況にあるのだ。
そこに,今,眼の前にぺんぺん草が生えた空港がある訳で,使わない手はないと誰もが考えるだろう。


「金目」にしても佐賀なら(特に,あの知事なら)百億台も行かないと値踏みをしているようでもある。
佐賀県民が納得するのなら,沖縄の負担軽減の観点から,それもありかな,と思う。(慰安婦等の雇用機会も増える訳で・・・)
どちらに転んで,佐賀空港がどのようなSagaを辿るかは,佐賀県民の「性(さが)」に一にかかっている。

« NOTAM | Main | 8,900円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/60025058

Listed below are links to weblogs that reference Saga:

« NOTAM | Main | 8,900円 »