« Sony | Main | La grève des pilotes d'Air France proche de son épilogue ? »

17/09/2014

京都・奈良

P9156193
三連休は,流石にどこもかしこも宿が一杯(ないしは篦棒な値付け)で,名古屋でウダウダすることになるのかと諦めかけていたのだが,ラストミニッツで日曜の夜,京都の(最近の)定宿を,まぁまぁの値段で予約できた。


ということで,まずは昨年,一気に五体の仏像が国宝に昇格した安倍文殊院(桜井)へ。(近鉄の株優で)
ところが近鉄名古屋駅の特急券売り場が長蛇の列。あやうく乗り損なうところだった。(ピークシーズンに近鉄特急に乗ろうとされる際は,事前のネット予約を強くお薦めする。)


安倍文殊院は初めてだったが,見応えがあった。同姓の2桁IQのボクちゃんも,少しは文殊の知恵にあやかって欲しいものだ。ここまで来ると十一面観音で有名な聖林寺も近い。


Images
その後は,奈良に出て,終了間近の「醍醐寺展」。
図らずも快慶さん繋がりの一日となった。


京都も,これまた大混雑。
前夜が名古屋の料亭だったので,フレンチでもと思ったのだが,とにかく何処も満席。
最終的に,市役所裏のリヨン風ビストロへ。
サラマンジェ以下,最近この手の店が多いが,意外とはずれが少ない。
この店(プリフィックス¥2,880とお値打ち)も,オーナーシェフ(と思しき)がサービスで駈けずりまくっている不思議な店(キッチンにはちゃんとスタッフがいる。)だったが,満足感は高かった。


翌朝は,オープンしたばかり(3日目)の京都国立博物館知新館↑へ。
国宝50点と題打って,大々的な杮落し展を来月中旬まで開催中。
とは言え,あくまで常設展の扱いなので,奈良博パスポートを見せるとフリーで入場可。
神護寺の(伝)源頼朝像が目玉(神護寺に登らずとも鑑賞可能なので,高齢者の皆様にはぜひともお薦め)のようだが,国宝の来迎図など何点か並んでいて,比較するのも面白い。
国宝の絵巻も,「これでもか!!」という程重要なものが並んでいる。
「書」は,ボクにとって猫に小判なのだが,西行の手になる「一品経和歌懐紙」には感動した。


杮落し展は,10月半ばまでだが,「鳥獣戯画展」とも暫く重なるので,この時期を狙うと効率的鑑賞が可能。

« Sony | Main | La grève des pilotes d'Air France proche de son épilogue ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/60330583

Listed below are links to weblogs that reference 京都・奈良:

« Sony | Main | La grève des pilotes d'Air France proche de son épilogue ? »