« alumni | Main | 国宝展@トーハク »

20/10/2014

alumni その後

予想外に早い決着(とりあえずの)となった。
小渕の大臣辞職はともかく,潔悪く開き直っていた松島も,一度でけりを付けたい"Double digit IQ"から引導を渡されたのであろう。
同時に拉致問題で,意味も無い手を打ったのも必死さの表れで,誠に見苦しい。


今日,株が500円以上暴騰したのも,穿った見方をすれば,国民の目をスキャンダルから少しでもそらしたくて,基幹投資家に圧力をかけたのかも知れない。(GPIF絡みのリップサービスもその一端だろう。)


ところで次の展開は,alumni2人が議員辞職をするのか否か。
小渕は,constituency(有権者)に対する利益供与はなかったと強調したが,ということは差額がどこに消えたのかが大問題。(政治資金報告書上は帳尻があっていた筈だから。)
考えられるのは小渕自身の裏金か,秘書がポッポに入れたのか,の何れか。会見では秘書を悪者にしたようだが,本当に真実が表に出るのか甚だ疑問。
早速,秘書上がりの地元町長が辞任したらしいが「死人に口無し。」とならぬと良いが・・・


小渕の場合,自らの裏金にしていない限り,政治資金規正法の不実記載というある意味「形式犯」だが,松島は所謂買収で完全な「実質犯」。
過去の例(線香を配った前防衛大臣)では,議員辞職しているので,それに範をとれば松島は完全にアウトなのだが,どう転ぶかは内閣支持率の今後の動向次第ということか。

« alumni | Main | 国宝展@トーハク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/60517289

Listed below are links to weblogs that reference alumni その後:

« alumni | Main | 国宝展@トーハク »