無料ブログはココログ
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 終の住処 | Main | Minguren Desk @ my remote office »

24/11/2014

笠置@関西「本」線

Img_0339
三連休前の間隙を狙って奈良に行ってきた。(それでもホテルはなかなか取れなかった。)
到着の翌朝,以前から訪ねたかった「笠置寺」を目指した。
JR奈良駅(宿泊は日航奈良。奈良ホテルや,今春で宿泊を止めたらしい菊水楼と比べると風情はないが,快適なサービスと,何よりJR奈良駅直結で利便性は最高。)から,関西「本」線で笠置駅へと向かう。


国鉄時代の関西線は,新幹線開通後もしばらくは名古屋⇄奈良間に「かすが」というディーゼル急行が走っていて,中学・高校時代の奈良行では世話になった。(難所の加太トンネルを通過する際のディーゼルの排ガス臭が懐かしく思い出される。)


ところが国鉄が民営化された頃,関西線は見放されることになる。
名古屋⇄奈良間の直行列車は廃止,通勤客が見込まれる名古屋⇄亀山間と,奈良(実際は加茂)⇄難波間は立派に生きているが,その間の亀山⇄加茂は,放置プレー状態で,単線・非電化・鉄道系ICカード使用不可。
↑のような「ワンマン」ディーゼルカーが一時間に一本運行しているのみ。
「笠置」は「加茂」の次の駅だが, 近年ベッドタウン化が進む加茂駅(浄瑠璃寺・岩船寺の最寄駅)から関西線に入ると風景が一変する。(笠置駅のトイレは未だに「ポットン」。笠置寺に行かれる方は駅前の観光案内所←大変親切,のトイレの利用をお勧めする。)


京都国立博物館で開催されていた「南山城の仏像展」展を見て,家内がかつての大寺「笠置寺」を訪ねてみたいというので,今回の笠置寺行となったのだが,紅葉のピークにたまたま当たって,紅葉狩り行ともあいなった。

Pb216257
笠置寺で磨崖仏↓を拝んだあと,急遽,柳生の里まで足を延ばすことにした。(笠置の駅からの登りがきつくてグロッギー気味だったのだが,笠置寺の坊さんの「柳生までは自転車でも行けまっせ。」の言葉に励まされて,東海自然歩道を歩き始めた。)

Pb216269
↓は途中で見かけた石仏。山城の国は石仏も多い。(一山越えた浄瑠璃寺=岩船寺間のそれらは有名。)

Pb216299_2
柳生の里は,鄙びた山里。連休前の金曜とあって,ハイカーの姿もちらほら。但し,我々より若い世代はほぼ皆無。
柳生から,忍辱山円成寺を経て,滝坂道から高畑まで下る道もあるが,朝の出立が遅かったこの日は柳生から路線バスで奈良に戻った。(数年前に,滝坂道を登って円成寺までは行ったことがある。)


Pb216302
奈良の秋といえば「柿」。

« 終の住処 | Main | Minguren Desk @ my remote office »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/60703530

Listed below are links to weblogs that reference 笠置@関西「本」線:

« 終の住処 | Main | Minguren Desk @ my remote office »