« 履き物 | Main | Incroyable! 四継 »

14/08/2016

山の日 そして御山の日

初めての「山の日」が過ぎお盆の季節も間もなく終わり。
「山の日」推進議連はお盆のピークにくっつけて12日に設定するつもりだったらしいのだが,「御山の日」の遺族連絡会から「反対?」があって11日になったと言う経緯がある。
当時は議連の配慮の無さに「お前ら頭は帽子を被るためにだけあるんじゃねぇよ」と思ったものだが,結論から言うとこれは結果オーライだったのかも知れない。
11日に帰省のピークが前倒しになって恐らくお盆休みを長期化する効果があった模様。
日本人の平均年間労働時間を11日の分+α減殺する効果があったと思われる。


一方,ちょっと気になったのが「御山の日」の方。オリンピックのせいもあるのだが露出が極めて小さい。
去年が30回忌ということでそろそろ「お弔い上げ」が近づいてきたということか?
それでは困るんだけど・・・


いっそのこと13日を「お盆」として,15日の敗戦記念日を「自由と平和の日」かなんかとして国民の祝日にしたらどうだろう。
そうすると12日と14日は自動的に「国民の祝日」になって恒久的な5連休が生まれる。
製造業(特に重厚長大)はそもそも1週間(9日間)工場ラインを停止するところが多いから,そのインパクトをサービス業に対する需要刺激効果が上回ってGDPを押し上げる結果となるような気がするんですが,どう思います???


« 履き物 | Main | Incroyable! 四継 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554540/64058173

Listed below are links to weblogs that reference 山の日 そして御山の日:

« 履き物 | Main | Incroyable! 四継 »