グルメ・クッキング

10/02/2018

Côte-d'Or @ 三田ハウス やっぱり完璧

Img_0721
我が家は夫婦の誕生日が2週間しか離れていないので,誕生祝いは一回で済ますことが多いのだが,今年は多忙な家人の労いもこめて,1日遅れの誕生日を掲題の場所で祝った。(この歳になると目出度い訳でもないんですが・・・)


初めてコートドールに行ったのは結婚直後のことで,もう20年も前になる。当時は陸の孤島というか,足場が悪くて(お金持ちは田町あたりからタクシー)車を飛ばしていたのだが,飲酒運転の取り締まりが厳しくなって少し足が遠ざかっていた。
その後「白金高輪」の駅ができて少し便利になったのだけれど,ここ7-8年は伺うことがなかった。


で,改めて思ったんだけど「やっぱり完璧」
Maitre DのMさんは多少歳を取られたけど(向こうもボクらを見てそう思っただろうなぁ),我々のことを覚えていてくれた。
ソムリエや他のスタッフの対応も洗練されていて非の打ち所がない。(ここに匹敵するのは内幸町の中2階のレストランくらい?)
ワインの値付けは市販価格の1.5倍程度,4桁台のRMシャンパンが4種類も揃っている。(何とかラボよ,ワインでせこく儲けるなって!)
斉須シェフの料理も,見た目の華やかさはないものの,どっしりと安定したもので,相変わらず量も多い。


客層は年齢層が高く,ちょっとスノビッシュ(向こうもボクらを見てそう思ったかなぁ)


定番料理が多いから,そう頻繁に行く訳にも行かないけれど,また年に2-3回は伺おうと改めて思った次第!
↑の写真はわかる人が見るとわかるよね。
ちなみに上のワインをあわせたのは青首鴨!

24/12/2017

1986

Img_0696_3
昨日はクリスマスディナーの練習。
ちょっと飲み足らなかったので,ガルガンチュアの小さなケーキと合わせたのが↑
Rieuseccは熟成が進むと赤みを帯びることで有名らしいけど,31年を経てこの色
もちろん全部空ける訳でもなく,残りは今夜ローストビーフ・ディナーの後のお楽しみ・・・
意図しなかったんだけどリーデルのグラスのステムもクリスマスらしいでしょ!!


13/11/2017

Per se

Lincoln Centerのお子ちゃま向け「バーンスタイン記念コンサート」↓に行った後,掲題のレストランへ
Img_0662_2
アメリカで(少なくとも西海岸で)最も有名かつ予約の取りにくいNapaにある"French Laundry"のThomas Kellerがコロンバス・サークルに"Per se"を出して何年になるだろう。
ここもまともな時間は何週間も前でないと予約が取れないし,72時間以内のキャンセルは$175のペナルティーと超強気な店
普通ならそんな店はこちらから願い下げだが"Salon"と称するDrawing roomのようなスペースなら予約なしかつ「お値打ち(といっても$195)」に行けるということで開店の15分前に行ってみた。
料理はさすがに繊細で↓のフォアグラは微妙にフォアグラのテクスチャーが残っていて,これまで食したものの中でも最高の出来だった。

Img_0667
特筆すべきは「勘定書」
アメリカ人がつくづくバカだなと思うのは,未だにチップ制度に固執しているところ。
Yellow cabでカードで支払おうと思うとsuggestionの最低額が20%と表示される。中部や南部から来たお上りさんなら疑いもせず20%払うことだろう。
一方で「サービス料」込みを標榜するレストランもここ数年増えてきていてPer seもその一つ
(昔オムライスを食べによく行った"Riki"もそうでNYTにも取り上げられていた。)
従って勘定書も至ってシンプル
イタリアンのコペルトのようにミネラル・ウォーターもコーヒー,紅茶もすべて込み込み
極めて明朗会計

Img_0671

30/09/2017

ハリマ ケバブ ビリヤニ@稲荷町

昨日は始まったばかりの運慶展に行った。
19:00過ぎでも結構な混雑で行くなら20:00からがベストのようだ。
仏像の80%ほどは今回の目玉の一つ瀧山寺の観音像を含め過去にお目もじしているのだが,やはり目の前で,しかもかなり明るい照明の下で,更には後背の後ろから仏様を拝むことができるインパクトは大きい。

その後で行ったのが掲題のインド料理屋
これがなかなか良かった!久々に自信を持ってお勧めできる店だ。
名前の通り,ビリヤニが売りなのだがタンドリ料理のバラエティーも幅広い。
いつもなら普通のタンドリチキンを注文するのだが,昨夜はコリアンダー(パクチー)をペーストしたチキンティカを取った。↓Img_0642
家人にはちょっとスパイシー過ぎたようだが,美味かつボリューム満点だった。(ビリヤニを含めDoggy bagした。)
で,クーポンを持参すると15%引きで銀座近辺のインド料理屋に比べれば20-30%安い。
客層の80%がAsian(イギリスでは南アジアを意味する。)なのも頷ける本格的な味だった。


Img_0641


11/09/2017

Farewell dinner

Carmel最後の夜は今回の滞在中2回目のステーキ
前回はWhole Foodsで肉を買ったが今回はいつものBruno's↓
Img_0622
1lb約$20,これで約3lbsある。
まずは新進気鋭のRMの↓
Salonと同じCote des Blanche


Img_0620
焼きあがったステーキが↓昔はチャコールのBBQだったんだけど今はガス,やはり少し風味に欠ける。
ポーターハウスは骨に沿って包丁を入れておくと上手く焼ける。

Img_0623
ステーキに合わせたのは↓


Img_0621


28/08/2017

いもや

今日,西早稲田のいもやに行ったら扉に閉店の挨拶が貼られていた。
80代の夫婦二人で切り盛りしていて,この春からは夜の営業を止めていたので,いつかこの日が来るとは思っていたが,やっぱり悲しい。


「いもや」にはてんぷら屋ととんかつ屋の二種類があって都内に点在している。経営が同じとも思えないが,供されるメニューはいずれも格安で内容も似ているので,一種の暖簾分けなのだと思う。
Un十年前の学生時代よく行ったのは母校(アテネフランセの方)の近く,人生劇場(パチンコ屋)の脇にあったとんかついもや。
陸上の試合の前日,験担ぎに先輩に連れて行って貰ったのが最初かな。
隣接していたてんぷらいもやにも何回か行った。


その後,てんぷらと言えばKorean Town麻布十番の「よこた」にしか行くことがなくなったのだが,早稲田周辺に行動範囲が移った4年ほど前から2ヶ月に一度ほどの割合で行っていたのが冒頭の「いもや」
おばさん(本人が自称しているから間違いない)が気難しくて,行儀の悪い学生たちが叱られたりしているのだが,800円で海老天が4本付く海老定食は都内でも最高のCPだったと思う。
消費税が引き上げられた時も値段は据え置き,値段を上げるくらいなら廃業といった雰囲気だった。
カウンターはピカピカ,お櫃に入ったご飯やシジミの味噌汁も美味しかった。


本当に寂しい・・・誰か継ぐ人はいないのだろうか???

08/07/2017

Le Montrachet

昨夜は,家人がCdGのセール(昨日が最終日)に行きたいというので,夕刻DSMで待ち合わせた。
(ちなみにボクが一時期使っていたテーラーはDover St.と目と鼻の先の距離だった。)
ボクは重衣料は買わないことにしているので,前日シャツのシャツを購入したのみ。
家人はCdG CdGのケープスタイルのジャケットを購入して満足気。


その後,ほど近い「男のフレンチ」(実際は女性客ばっかし)を標榜する店で久々の日本のフレンチを楽しんだ。
この店はとっつきの悪そうな実は全然そうでないシェフが安定したリヨン料理を提供する。
(特に通常は使用しないカウンター席がオススメ。シェフのあまりにmeticulousな「火入れ」を見ると,さすがにプロだと感服する筈)
で飲んだのが↓
最近,ブルゴーニュ(特に白)の価格高騰が甚だしく,レストランではおいそれとPMとかCMとかに手が届かない。今回の旅行でも「夏だから」と理屈をこねてアリゴテとかシャブリばかり飲んでいた。
Olivier Lefraiveはリーズナブルなネゴシアンだが,Grand Cruとしては破格の値付けだったので,思わず注文してしまった。
実は10年ほど前このネゴシアンを訪問したことがある。Olivierの弟が,たった4人の客を連れてPuligny Montrachet村をツアーしてくれた。(もちろん無料)


Img_0582_4
その時,その弟の彼が教えてくれたのがあまり語られない次の2つの知識
「Cote d'Orは一般に言われるような黄金の丘ではなく,Cote d'Orientの略,すなわち東向きの丘という意味」
「MontrachetとLe Montrachetの違いは,後者がMontrachetの畑のPM村部分で取れた葡萄から作られたワインであること。」
特に前者は他ではあまり聞いたことがない貴重な情報!


05/06/2017

La Grenouillere@La Madelaine-sous-Montreuil

Img_0538
という訳でフランスはPas de Calais地方にあるMontreuille郊外の掲題のレストランでランチをした。(ちなみに結構安くて95ユーロ)
約5年間勤めたマンハッタンの職場の隣にもLa Grounuilleというレストランがあって(今ももちろん健在)大変深い思い出があるのだが,こちらは女の子蛙ということだろう。
料理は全部で9品ほどの多皿小品コースなのだが野菜系のアミュズグールが延々と続く。
↓は1人1枚配られるメニューカード
よく読むと判るが名物の蛙料理は18ユーロの追加料金が必要(注文したのは当然!)


Img_0565
料理はこんな感じ↓上は鱚,醤油系の味で小さなラディッシュが効いていてサンマの塩焼きに大根おろしのイメージ,その下はグリーンアスパラ,味が濃い。


Img_0540


Img_0541
飲んだワインは↓夏らしいアリゴテだが,こんなワインがしれっとある辺り,流石にフランス!
ちなみにLa Tache(Vintageは憶えていない)が1750ユーロと破格!!
SugalabXとかに爪のアカを煎じて飲ませたい・・・


Img_0542_2
最後はシェフにご挨拶(隣の趣味の悪いカバンは我が家のものではないので念のため・・・)


Img_0545_1_3


28/05/2017

Pages@16e

Img_0516_2
木曜からパリに来ているのだが,機内で拾った?風邪のせいでちょっとお腹の調子が悪い。
でも頑張って知人に推薦された今年⭐️を獲得した掲題の店にランチに出かけた。
基本的にお任せのみの小皿料理(ボク達がとったのは6品)なのだが,夜でも100💶以下


シャンゼリゼの喧騒からちょっとだけ離れた16区に入った辺りで,レストランとは思えない地味な外観
中は大きなカウンターキッチンが全スペースの1/3位を占めている。判る人には判る話だが,ちょっとL'Asのような設えだ。
ワインリストも新しいレストランとしては大変立派。D'Auvenayなんかも揃っていて,値付けも良心的。
Laviniaで200ユーロの「リースリングのロールスロイス」Clos Ste. Huneが350ユーロ
暑い季節だからかアリゴテだけでも7-8種類ある。
テーブルの上に苔の小盆栽が置いてあったりしてビジュアル系かと思いきや,料理はちゃんとしたフレンチになっていて,特に繊細なハーブ使いが見事だ。
上はタラの料理だが,ちゃんとソース(海鮮出汁とのこと)が効いている。


肉は鴨と牛肉2種類出るのだが牛肉は3種類の産地,熟成期間を食べ比べさせるという趣向。

Img_0517_5
となりがカフェなのだが実はそこもPagesのもので(いずれ違う業態を始めるとのこと),そこの冷蔵庫で牛肉を熟成させていた。
パリは⭐️⭐️のPassage53を初め,日本人若手シェフの店が乱立気味だが,この店早い時点でもう一つの⭐️が付くだろう。

24/05/2017

究極の山菜天婦羅?

そこそこのプロジェクトを予定通り午前中に終了して明日からちょっとした旅行なのだが,家人はお稽古ごとがあって,一人飯となった。
いろいろ考えた末,秋葉原の30年来行きつけのとんかつ屋に行った。(食べログ上位で,一時期は常に行列ができていたのだが,今日はちょうど良い感じだった。とんかつとしては高額なのでInboundの貧乏人化に伴い,客足がreasonableになったのだと思う。)


そこで出してくれたのが↓の天婦羅,なんだかわかる人は立派です。Img_0508
この店は客単価1500円程度だと思うが,何せ30年以上通っているし我が家は飲み物込みで軽くその倍は行くので,折に触れ本当に小さなさりげない季節感のある突き出し(メニューにはないので賄い飯?)を出してくれる。
で今日は↑の天婦羅。(なんだか判る人は立派)
春の名残の口福(眼福?)だった。


より以前の記事一覧